銀座尚呼

飛鳥時代から続く日本の伝統技術で、世界にひとつのオリジナルジュエリーを


銀座尚呼とは

紀元前に中東で興ったといわれる彫金の技術は、シルクロードを通って終着駅である日本へと入ってきたのが古墳時代といわれています。
飛鳥時代に入り、仏教と共に栄えてきた日本の工芸技術は、室町時代に刀剣金具で隆盛を迎え、廃刀令後はタバコの前金具やキセル、女性の帯留などで伝えられてきました。

銀座尚呼では日本の伝統技術(彫金・七宝・蒔絵)の技をジュエリーや工芸品に取り入れる事を得意としており、少しでも多くの方に「世界に誇れる日本の技術」を伝えていける様に教室をひらいております。
室町時代に祖を持つ柳川派12代目、桂盛仁氏(人間国宝)に月5度の彫金塾を開講して頂く他、弟子の一人である田村尚子が制作指導致します。

代表 : 田村 尚子(雅号 北東尚呼)

銀座尚呼

田村尚子

平成4年3月 高岡短期大学産業工芸学科金属工芸専攻卒業
10年3月 高岡短期大学専攻科産業造形専攻修了
12年3月 東京藝術大学大学院美術研究科彫金専攻修士課程修了、
同上大学院 サロン・ド・プランタン賞受賞
12年4月 人間国宝 桂盛仁に師事
第51回 日本伝統工芸展 初入選
第31回 伝統工芸日本金工展 初入選
第41回 伝統工芸新作展 初入選
以降、伝統工芸展入選多数
25年9月 日本伝統工芸会正会員認定
現在 銀座尚呼 主宰